フランチャイズで起業して成功したいなら、このスキルは必須です

   

フランチャイズで起業して成功したいなら、このスキルは必須です

サラリーマンからフランチャイズを使って起業する。
40代に多いパターンだと思います。

しかし、ここで今回お話することに気をつけておかないと、簡単にフランチャイズ起業が失敗におわることがあります。

ただ「失敗したなぁ~」と言って終われる人は、それでもOKです。
でも、ほとんどの人は、そんなことは言ってられませんよね?

今まで貯めたお金と退職金。
銀行や金融公庫からの借り入れ。

これらを原資としてフランチャイズの本部と契約し起業したのですから。

そこで今回は、サラリーマンからフランチャイズ起業するときに、多くの方が「持っていない」ために失敗する「スキル」についてお話します。

目次
1: サラリーマンマインドと起業家マインド
2: 売るスキル
3: 声をかけるスキル
4: 書くスキル
5: 聞くスキル
6: 話すスキル
7: 稼ぐスキル
8: まとめ

 

1: サラリーマンマインドと起業家マインド

この2つの違いは何だと思いますか?

もっとも大きな違いは、仕事がやってくるのを待っているか、自分で仕事を作り出すか、です。

多くのサラリーマンは、生活費を稼ぐために働いています。
しかし起業家は、自分でより稼ぐために働いています。

サラリーマンの場合、出社すれば仕事があります。
自分の仕事を手伝ってくれる人もいるかもしれません。

一方、起業すると180度変わります。
出社(と言っても、自分の会社ですが)しても仕事は用意されていません。
あなたの仕事を手伝ってくれる人はいません。

仮にサラリーマンの場合、仕事がなくても出社していれば、少なくてもお給料は振り込まれます。
仕事がなければ収入が少しは減るかもしれませんが、ゼロにはなりません。
でも、起業して出社し、仕事がなければ収入はゼロです。
誰もあなたのために仕事を用意はしてくれないということです。

ここがサラリーマンと起業家との違いです。

起業すると仕事は自分で作り出さないといけません。
商品を売っているのなら、お客さんを見つけてこないといけません。
あなたは誰かに「買って」もらわないといけないのです。

「わたしの商品(サービス)を○○円で買ってください」

こう言わないといけないのです。
これ、あなたは言えますか?

フランチャイズで起業して失敗する人の多くは、この言葉をはっきりと言えないのです。

でも、この言葉を言えないと、あなたは永久に儲かりません。
収入がありません。お金を持ち出すばかりになります。

日本では人前でお金の話をすると「良くない」と言われますが、そんなことを言っていては起業して成功できません。

まずは

  • 自分で仕事を作り
  • お客さんを見つけ
  • 買ってもらう

そして、「お金は相手からの感謝の形」だということを覚えておきましょう。

 

2: 売るスキル

フランチャイズに限らず「起業」するということは「売る」スキルが必要になります。

かと言って、押し売りするスキルを身につけても仕方ありません。
ここは大切なところです。

「いい商品ですから、買ってください!」
「おいしいですから、買ってください!」

だけでは、残念ですが今の時代は売れません。

売るスキルに必要なことは「信頼」されること。
だから、売るスキルの一歩目としては、あなたの人柄を伝えることが重要です。

まずは名刺やホームページには必ず「顔写真」を入れましょう。
名前だけを伝えても、ほとんどの場合、忘れられてしまいます。

次に必要なのは、自分の都合だけで売り込まないことです。
一時期だけなら売れるでしょう。
でも、長い目で見ると信頼は育ちません。
「ギブ・アンド・テイク」という使い古された言葉がありますが、この言葉がぴったりの表現です。

3つ目は、まず、あなたが「気持ちいい接客」を体験してください。
人は体験していないことは、実践できません。
頭の中だけで「知っている」ことと「できる」ことは全く別です。

あなたが起業してから良い接客をしたいのなら、あなたが気持ちいいと感じる接客を受けてみてほしいのです。

アパレル業、飲食店、ホテルのラウンジ。
起業する前に、いろいろと足を運んで体験してください。

プロの接客を体験し、盗むことは、起業する人におすすめです。

 

3: 声をかけるスキル

良い商品やサービスがあっても、お客さんを集められなければ意味がありません。

そのためには、自分から声をかけて「人を集める」スキルが必要です。

あなたと同じ趣味の人を3人~5人集めて飲み会を開く。
今ならSNSを使って「グループ」を作ってもいいですね。

どうすれば興味を持ってくれ、集まってくれるのか。
どうすれば集まった人を、満足させられるのか。

そして、また次の集まりにも参加したいと思ってもらえるのか。

これは起業したときに必要となる「集客」スキルの練習になります。
ぜひ、職場でもいいですし、学生時代の友人からでもいいですから「声をかける」スキルを練習してください。

 

4: 書くスキル

今の時代、起業するときに必要なのは「ホームページ」や「ブログ」。
そして「SNS」ですね。

どれも相手に何かを伝えるためには「文章」を書くことになります。

それも「わかりやすく」「読みやすい」文章を、相手の興味を引くように書くスキルが求められます。

特に「ブログ」と「SNS」を連携して活用すると、あなたの魅力を伝えるために「文章力」が必要。

また、動画で発信する場合でも、あらかじめ「シナリオ」を組み立てておく必要があります。
シナリオは文章を書くスキルが求められます。

もうひとつ、店舗系での起業なら「POP」や「チラシ」を書くスキルが必要になります。

このように、起業すると「書く」機会がグンと増えるのです。
そして「書く」スキルは、最強の営業ツールになります。

 

5: 聞くスキル

多くの人は「自分のことを話したい」ようです。
もしかすると、あなたもそうかもしれません。

気がつくと、いつも自分が話している。
そんなシーンがあるかもしれません。

でも、起業したら、相手の話を聞くことが重要になります。
相手はあなたに興味はありません。
自分にしか興味がありません。

だから、相手がもっとも興味のある「自分の話」を、あなたはきちんと聞くことが必要です。
上手に聞くことは、相手から信頼されるポイント。
そして、相手の話は、最高のセールスポイントが隠れています。

相手の話に登場する「不満」「不安」「問題」をよく聞くことで、あなたの仕事が役立つなら、そこはセールスポイントです。

「聞くスキル」は信頼と売上をもたらします。

 

6: 話すスキル

あなたのことばかりを話すスキルではありません。
相手が話しやすくなるための、話すスキルです。

けして、アナウンサーのように流暢に話すスキルではありません。

話すスキルを磨くには、自己紹介が使えます。
自分のことを他人に話、短い時間で理解してもらえるかどうか。

そこから相手と会話のキャッチボールが始まり、相づちを打ちながら会話の流れをコントロールする。

ぜひ、「聞くスキル」とセットで「話すスキル」を磨いておきましょう。

 

7: 稼ぐスキル

あなたは起業すると「経営者」です。
数字を管理するのは、あなたの仕事です。
それが経営者であり、社長の仕事です。

まずは、自分の時給を明確にするところから始めましょう。
起業した人間にとって、もっとも重要なのは「時間」です。

時間があなたの収入を左右します。
収入を生まないことに、貴重な時間を使ってはいけません。
そのためには、あなたの時給がいくらなのかを知っておくことが必要です。

例えば、年収400万円を目指すなら、一日8時間を一ヶ月に20日働いたとして、時給は2500円が必要。

あなたが起業して、まず目指すのは、時給2500円です。
そして、時給2500円を上回る稼ぎを出せるかを、ひとつの判断基準にしてみてください。

複式簿記の知識や原価計算という会計スキルも必要にはなってきますが、まずは最低ラインの時給を稼ぐことが重要。
稼げないと簿記も原価計算も無意味です。

 

8: まとめ

こうやって必須のスキルをお話しますと、多くの方は「当たり前だろ」とおっしゃいます。
言葉には出さなくても「わかってるって」と、心の中で独り言をつぶやいておられることでしょう。

しかし、ここでお聞きします。

あなたは一人でこれらを全部できますか?

会社に勤めているときは、少しくらい話せなくても会社の看板力があれば何とかなっていました。
使った経費も経理担当者に必要書類を書いて渡せば終わりでした。
メールやプレゼンの文章も、ビジネス口調だけでOKでした。

でも、起業するとそうはいきません。

すべてをあなた一人でこなさなくては、誰も無料であなたを手伝ってはくれません。
フランチャイズ本部もアドバイスはくれるでしょうけれど、実際に毎月あなたが生活していけるだけの仕事を獲得してきてはくれません。

自分でお客様を探し、話しかけ、関係を築き、悩みを聞き、買ってもらう。
そしてお金を支払ってもらい、利益を勘定し、仕事をまわす。

これは起業家としてやっていくために、自分でやることになります。

もし、今勤めている会社がおもしろくないから、フランチャイズで起業しようと考えておられるなら、今日からこれらのスキルを磨き始めることをおすすめします。

仕組みが出来上がっているフランチャイズとはいえ、このスキルなくして成功はないと思った方が良いでしょう。

今からスキルを磨き始めてください。
それが成功と理想の人生への近道です。

 

 - 独立・起業