FCオーナー必見!売上アップに必要なキャッチコピーを簡単に作る方法

   

FCオーナー必見!売上アップに必要なキャッチコピーを簡単に作る方法

売上アップに必要なのは、キャッチコピー、ヘッドライン、タイトル

色々な言い方をされますが、行き着くところ

『伝達力の強い言葉』

ということです。

このような言葉を作るのは、簡単ではありません。
でも、超一流のものでなければ、こんな順序で考えると作りやすくなります。

今回は、そこそこ良い売れる「キャッチコピー」が作れる方法を紹介します。

目次
1: キャッチコピーに必要な3つのコツ
2: 他の商品やサービスでは使えない言葉
3: 商品やサービスを手に入れた未来のイメージ
4: 面白さ
5: 3つのブロックに当てはめる
6: まとめ

 

1: キャッチコピーに必要な3つのコツ

  • 他の商品やサービスでは使えない言葉
  • 商品やサービスを手に入れた未来のイメージ
  • 面白さ

この3つが揃うと、注意を引いて伝達力が強い言葉になります。(心に刺さる感じですね。)

次から、ひとつずつ詳しくお話ししていきます。

 

2: 他の商品やサービスでは使えない言葉

どんな商品やサービスでも使い回せる言葉(置き換えられる言葉)は、お客様から

「他のものでも構わない」

と思われてしまいます。

ですから、出来るだけ他の商品やサービスでは使えない特徴的な言葉を選びたいところです。

例えば、

「今朝とれたてのかぼちゃ」
「今朝とれたてのサンマ」

これは「今朝とれたての~」と同じ言葉が使えますから、言葉の力としては弱いと言えます。

でも、

「ハロウィンにぴったりの新鮮なかぼちゃ」
「秋にしか水揚げされない○○漁港から届いたサンマ」

これなら、商品を置き換えて使えませんから、言葉としては強いと言えます。

その商品やサービスでしか表せない特徴を探すといいですね。

 

3: 商品やサービスを手に入れた未来のイメージ

お客様が手にした後のイメージ(未来のイメージ)を意識してもらえると強いです。

例えば、

「冷たいコーヒーです」
「冷たくておいしいです」

というのは、説明しているだけなので、手にした後の未来がイメージできません。

でも、

「夏日で疲れたカラダに効くアイスコーヒーです」
「冷たくおいしいので一瞬で喉の渇きと汗がひきます」

というような、具体的なシーンを言葉で表現して、見た人の“変身願望”を満たしてあげることが必要です。

4: 面白さ

当たり前の言葉はスルーされます。

「あっ、そう。」

と記憶に残りません。

でも、面白さがあると、記憶に残りますし興味も湧きます。
ただ、注意してもらいたいのは

「面白い=ギャグ、ダジャレ」

ではありません。

ポイントは、お客様に「楽しんでもらう」という面白さです。

例えば、

「美味です」
「特価!」

は、当たり前ですし、面白味がありません。

でも、

「業界30年の社長が泣き崩れたおいしさです」
「店長が出張中の今日だけ大特価!」

これなら、興味を持ってもらえる確率が上がると思いませんか?

 

5: 3つのブロックに当てはめる

とは言っても、そう簡単には・・・ね。

という方に、3つのブロックを使った方法があります。

3つのブロックとは、

  • 引きフレーズ
  • 特徴フレーズ
  • 説明フレーズ

具体的には、

「引きフレーズ」+「特徴フレーズ」+「説明フレーズ」

の順に、言葉を並べていきます。

例えば、女性向けの健康関係なら、

引きフレーズ:39歳女性が26歳に
特徴フレーズ:1日20gしか取れない
説明フレーズ:スペイン産○○アンチエイジングオイル

これを並べてみると、

『39歳女性が26歳に!一日20gしか取れないスペイン産○○アンチエイジングオイル』

こんなふうに作れます。

 

6: まとめ

伝達する言葉は、たくさん作ってみてください。
ひとつふたつでは、なかなか良いものが出てきません。

10個20個作ってみて、その中から選ぶのが理想です。

あなたもスルーされない、『そこそこ』のキャッチコピーをまずは作ってみてください。

ちょっとした言葉の違いで、売上アップを実感できます。

 

 - POP, コピーライティング , , ,