フランチャイズ独立計画に必要な、3つの基本と5つの重要事項とは?

   

フランチャイズ独立計画に必要な、3つの基本と5つの重要事項とは?

会社員がフランチャイズで独立を考えたとき、サラリーマン思考のまま始めてしまうと、厳しい状況に巻き込まれる可能性があります。

というのも、サラリーマン思考のままだと、どうしても仕事が用意されている状態をイメージしてしまうんですね。

しかし、フランチャイズで独立すると、毎日の仕事は自分で用意しないといけません。

今日の仕事で収入を得るためには、今日以前に種まきしておかないと、お客さんがやってくることはありません。

 

そこで、今回紹介する「3つの基本と5つの重要項目」を身につけてサラリーマン思考から脱出し、フランチャイズで独立して成功する経営者思考をインストールしてください。

それでは、結果が伴う成功ツール、「3つの基本と5つの重要項目」について紹介していきます。

 

目次
1. 3つの基本
 1.1: 宣伝、声かけ
 1.2: 約束
 1.3: 確認
2: 5つの重要事項
 2.1: 捉え方
 2.2: 考え方
 2.3: 心構え
 2.4: マーケティング
 2.5: 行動プラン
3: まとめ

 

1. 3つの基本

 

1.1: 宣伝、声かけ

あなたがフランチャイズで独立して仕事をする。

これは一般的なサラリーマン思考で考えると、営業をする必要があるのはわかります。

しかし、サラリーマンを辞めて経営者思考で考えてみると、ここで必要なのは「営業」ではなく「宣伝」だということがご理解いただけると思います。

 

あなたが販売している商品やサービスを、いつも人前で使ったり話したりして、目の前にいる相手の興味をひく必要があります。

サラリーマン時代の営業によくいる

「買ってください!」

ではなくて、

「こんな良いものがあるんですよ。知りたくないですか?」

というような「宣伝」が必要なんですね。

 

そして「宣伝」することで相手が興味を持ってくれたなら、ここは躊躇することなく「声かけ」をする。

だって相手は「なにそれ?」って思ってるんですから、経営者思考としては「なにそれ?」に答えることが必要です。

 

1.2: 約束

宣伝と声かけで良い反応が得られたら、「約束」を取り付けましょう。

エステなどのサロン系なら「いつ、誰が」体験に来られそうなのか約束を取り付けます。

飲食関係でも「ご予約」を入れてもらってもいいですよね。

塾や教室関係なら「いつ、どのサービスに、誰が」体験入学していただけるのか、約束を取り付けるのもいいと思います。

 

ただし、このとき、

  • お願い
  • 命令
  • 指示
  • 頼み込み
  • 押しつけ

このような、自分目線での約束の取り付け方はNGです。

相手が自分から「一度見てみたい」「一度体験してみたい」という人にだけ約束を取り付けるようにしましょう

 

1.3: 確認

実際に体験などに来店していただいたり、サービスをご依頼いただいて、ご自身に使ってもらいましょう。

そして、ご自身にあなたの商品やサービスが「本物」であることを確認してもらってください。

人はどれだけ他人から「いいよ」「すごいよ」と聞いても信じません。
自分で確認した結果「本当にいい」と感じたとき、自分もお金を払って購入します。

また、感情が動いた人だけが、友人や知人に「○○いいよ」と口コミしてくれるようになります。

 

整体院さんに多いのですが、患者が「すごくいい」と思っていないタイミングで「自分のところを友人や知人や家族へすすめてください」とおっしゃるところがあります。

今なら「エキテン」へ口コミしてください、というところもあります。

これは「命令」「指示」「頼み込み」でもありますから、お客さんが逃げていく状況を自ら作り出していることになります。

自分の提供していることが「本物」なら、相手はその価値を理解してくれます。

ですから、必ず最高の状態で「確認」してもらうことを忘れてはいけません。

 

2: 5つの重要事項

 

2.1: 捉え方

フランチャイズは、一攫千金のおいしい話ではありません。
楽に稼げる魔法のツールではありません。

フランチャイズは「確実な経営」の話です。

あなたがサラリーマンから独立してフランチャイズを選ぼうと考えているのなら、この捉え方を間違わないでください。

 

もし、フランチャイズ本部の言っていることが「おいしい話」に聞こえたなら、フランチャイズ本部がそう思って伝えているから。

そのフランチャイズは「危険度」が高い可能性があります。

 

2.2: 考え方

フランチャイズは立ち上げや商品開発、経営についてなど、自分で仕事をするときに必要なノウハウを提供してくれます。

しかし、あなたのお店の将来の行く末、売上や利益まで、本部は責任を持ってくれません。

お店の将来や売上や利益は、あなたが経営者ですから、自ら行動し獲得する必要があります。

現在のフランチャイズには「営業不要」「完全下請け」というのもありますが、この場合、あなたのお店の将来や売上、利益は

『フランチャイズ本部に握られている』

ということを忘れないでください。

フランチャイズで成功するためには、自分で行動しお客さんを獲得するのが基本の考え方です。

 

2.3: 心構え

フランチャイズは「あなたのビジネス」です。

本部は相談にのってくれますが、お店は「あなたのビジネス」であることにかわりはありません。

ですから、次のような心構えをもっておいてください。

  • 現在の自分と向き合う(現在地の明確化)
  • 未来の自分と向き合う(到達したい目的地の明確化)
  • 人間関係と向き合う(付き合う人はどんな人か)

どれもあなたが自分で見つけ、決めることで前に進めることばかりです。

この繰り返しを行うことで、あなたはレベルアップしていきます。

 

2.4: マーケティング

フランチャイズ本部は様々な戦略を提供してくれるでしょう。

しかし、あなたの商圏については、本部よりあなたの方が詳しいはず。

「戦略=マーケティング」を本部任せにせず、あなたのお店の戦略は、あなたが率先して考えるようにしたいところです。

当然、本部が持っている情報を活用し、あなたの商圏での戦略を立てることで、他店とは違った独自の戦略が出来上がるでしょう。

 

2.5: 行動プラン

最後に必要なのは「行動」するための「プラン」を立てることです。

「いつ」までに「なに」をするのか。

具体的な日付と行動を決めてしまうのがおすすめです。

 

3: まとめ

「3つの基本と5つの重要事項」いかがでしたか?

一つひとつを見て行くと、あなたも感じられたと思いますが特別なことは何もありません。

反対に

「誰でもできることを誰よりもやる」

たったこれだけであることが理解していただけると思います。

 

これからフランチャイズで独立を考えている。
すでに本部と契約して独立準備中だ。

そんな中で迷ったり悩んだりすることがあれば、この基本と重要事項を思い返してください。

きっとあなたの問題を解決する糸口が見つかると思います。

あなたが独立し活躍されることを願っております。

 

関連オススメ記事

フランチャイズオーナーが知っておきたいマーケティングの基礎

小売業フランチャイズの集客方法。伝え方の基本6つのポイント

フランチャイズの独立を妻に反対されない伝え方(妻のホンネ)

 

 - フランチャイズの基礎, マーケティング, 独立・起業 , , , , ,