フランチャイズで独立して失敗しないためにオーナーが知っておくこと

      2017/05/07

フランチャイズで独立して失敗しないためにオーナーが知っておくこと

退職金を用意し、金融公庫から借り入れし、フランチャイズザー(本部)と契約を交わす。

ある意味、この瞬間がテンションマックスになっている状態かもしれません。

そして、1ヶ月経過し、2ヶ月経過し、5ヶ月が経過するころ、事業計画とは違いすぎる結果に驚くオーナーさんもいることでしょう。

最初の頃は、本部のSV(スーパーバイザー)などが支援してくれている中で、右も左もわからないまま爆走していますから、いくら儲かっているのかも良くわかっていないものです。
一日中動き回って、働き続けて、土曜日も日曜日もなく働き続けて、3ヶ月が経つころにやっと「おかしい」と感じ始めます。

そう、ここに来てはじめて「動いているわりに、お金が残っていない」ことに気づくのです。

まさに言葉通り「動いている」のです。
「働いている」のではありません。

だから「お金が残っていない」のです。

それでは、なぜこんなことになるのかをお話します。

目次
1: 動くと働くは違う
2: 事業計画は誰が書いた?
3: 毎日収支をチェック
4: SVに振り回されるな
5: 時給はいくらですか
6: まとめ

 

1: 動くと働くは違う

勘違いするのですが、一日中動いていると「儲かっている」と錯覚します。
これはサラリーマンのときの「」です。

サラリーマンは動いていくらです。
残業してもお金になります。
動けば動くほどお金になります。
出張に行ってもお金になります。

しかし、起業したオーナーは、動いているだけなら、全くお金になりません。

動けば動くほど経費がかかります。
車で移動すればガソリン代が必要です。
電車で移動すれば電車賃が必要です。

残業してもお金になりません。
光熱費が余計にかかるだけです。

出張に行ってもサラリーマンのように、旅費や宿泊費を誤魔化して、お小遣いにはできません。
そもそも出張に行く理由が「儲け」でないなら、動くだけ「損」です。

このように「お金」ということに、シビアにフォーカスすると「動く」だけでは儲かりません。
「動く」のではなく「働く」ことが必要です。

そして働くことは、何も体を動かす労働だけではありません。
頭を使って働くことも必要です。

「いや~、今日は18時間も動き続けたよ~」と思うのなら、その18時間でいくら儲かったのかを思い浮かべる「癖」をつけましょう。

起業した経営者にとって、時間はお金よりも大切です。

 

2: 事業計画は誰が書いた?

あなたが今、実績と比較している「事業計画」は、誰が作成しましたか?
あなたが自ら商圏へ足を運んで作成したものでしょうか?

それとも、本部の担当者が、本部の情報を元に作成したものでしょうか?

本部は「統計」「平均」「経験」という、今までに集めた情報から導き出していることが多いです。
しかし、商売や広告に関して言うと「全く同じことはない」というのが正解です。

だから、あなたが今比較している事業計画は「現実」に即していない可能性があります。
一度、1日かけて、商圏となるところへ実際に足を運んでみてください。

  • どんな人がいるでしょうか
  • どんな家族が住んでいるでしょうか
  • 年収いくらくらいの会社員が多いでしょうか

例えば、最近多い「畳の張り替え」をFCでやっていたとしましょう。
あなたの商圏に「畳」のある家が、どれくらいの割合であるか、あなたは実際に自分の目で見て知っているでしょうか。

新興住宅地なら洋風の家が多いはずです。
畳の部屋は少ないです。
あったとしても、新築なら張り替えません。

だったら、あなたが相手にするのは、どんな家でしょうか?
築20年以上の木造建築一戸建てでしょう。

畳のある部屋なら、障子があるでしょう。
外から家を眺めれば、どれくらいの家に畳がありそうかわかりますよね。

こういうことを、本部任せにせず、自分の目と肌で感じることが大切です。
確かにこれは面倒です。
でも、これは「働く」ことにつながります。

家の中で「儲からないなぁ~」と言っている暇があれば、外に出て商圏を見に行くのがおすすめです。

その上で、もう一度、自分で事業計画を立てましょう。
きっと本部の計画と大きな違いがあると思います。

 

3: 毎日収支をチェック

毎日の収支をチェックしてください。

  • 売上額
  • 原価
  • 利益

この3つを毎日明確にしましょう。

そして、

  • 自分が使った経費
  • 光熱費
  • 広告費

これらのチェックも忘れないように。

多くのオーナーさんが「売上」ばかりに気がいきがちです。
しかし、事業を健全にするには「利益」にフォーカスです。

また、入金の管理も大事です。
売掛金ばかり発生して、回収できないまま「黒字倒産」ということもありますから。

最初は毎日収支をチェック。
慣れてくれば、週に1度のチェックでも大丈夫でしょう。

でも、毎日やっておくのがおすすめです。
これはオーナーである経営者の仕事ですからね。

また、経営者に必要な「資金」については

フランチャイズ経営者(準備中の方も)必見!フランチャイジーの資金計画と把握

を参考にしてください。

 

4: SVに振り回されるな

SV(スーパーバイザー)は頼りになります。
本部しか持っていない情報を持っています。
そしてあなたに経営や技術を教えてくれるパートナーです。

しかし、SV全員がプロではありません。
求人広告を見ていると、FC本部がSVになりたい人を募集しています。

ということは、実務経験ゼロのSVも紛れているということです。
あなたと同じように、SVとして入社して数ヶ月とかの人もいるということです。

本部はちゃんと教育していると言うでしょう。
しかし、ベテランSVとペーペーSVでは経験値が違います。
提案できることも違います。

まして「経営者」「技術者」としての経験がないSVから、どんな有効なアドバイスが貰えるでしょうか。

SVは「本部の社員」です。雇われている人材です。
あなたの店に、SVは命をかけてはいません。

SVの話は参考になりますが、あくまでも本部が持っている「平均的」な情報だということを知っておきましょう。

SVがあなたの加盟店のためだけに、いろいろと調査分析し、知恵を絞っているわけではありません。
SVが担当する加盟店の中のひとつです。これが現実です。

 

5: 時給はいくらですか

毎日収支をチェックしましょう。
ということに関連しますが、あなたの時給はいくらなのかを知りましょう。

起業して生活していくためには、最低でも

時給2,500円

が必要です。
これが判断するラインです。

あなたの時給は、今いくらですか?
今すぐに計算してみてください。

もし、時給2,500円を下回っているのなら、そのまま続けても赤字続きになるか、生活がサラリーマン時代よりも苦しくなります。

こんな状態をあなたは望んでいませんよね?
サラリーマン時代よりも、豊かで自由で幸せに暮らしたいから、フランチャイズを始めたのですよね?

多くのオーナーさんは、自分の時給を知りません。
もし、知り合いに個人事業主さんがいらっしゃったら、聞いてみてください。

『時給、いくら?』って。

スパッと答えられる人は少ないです。
そして、答えられない人が儲けているかも見てください。

ほとんどの場合、時給を意識出来ていない人は、儲かっていません。

ですから、あなたも今日から自分の時給を意識して、働くようにしてほしいのです。

今の時給。
目標とする時給。

ギャップがあれば、どうすれば埋められるか。

時給を意識すると、どんな働きをすれば埋まるのかを考えるようになります。
この思考の癖が、儲けるためには必要です。

 

6: まとめ

サラリーマンからオーナーになると、忙しく動いているだけでは稼げません。

オーナーにとって大切なのは「時間」です。
ということは、稼げないことに対して「動く」ことは、時間を浪費していることになります。

オーナーがすることは、働くこと。
自分が動き回って、時給2,500円以上を稼げるのかどうか。
動き回るたびに時給がアップするのか、それとも下がっていくのか。
誰もが同じだけ持っている「24時間」で、如何にして働いて稼ぐかです。

どんぶり勘定でFC加盟店を経営すると、本部だけが儲かって、あなたは歯車になっている。
そんなこともありえます。

何のために大金をつぎ込んで、安定したサラリーマンを辞めてまで、FCで起業しようとしたのかを思い出してください。

自由、豊か、幸福。

この3つを実現したいからだと思います。

ぜひ、今回お話しましたことを確認してみてください。
もし、上手くいっていないところがあれば、傷が浅いうちに修正しましょう。

傷口が広がって、手の施しようがなくなっても、SVも本部も助けてはくれません。

本部任せにせず、あなたは自分でチェックし、頭を働かせることが大切です。

 

 - フランチャイズの基礎 ,