リピート集客は本当に必要?フランチャイズの成功と失敗の分岐点はコレです

      2017/12/05

リピート集客は本当に必要?フランチャイズの成功と失敗の分岐点はコレです

起業する。独立する。

店舗を持つ。無店舗で始める。

どんなタイプのフランチャイズビジネスでも、必要なのは間違いなく

 

『お客さん』

 

この、何ともつかみ所の見えない、世界一のセールスコピーライター「ジョン・カールトン」曰く、

 

「ブヨブヨの、半透明で、トイレとテレビ以外は動かない物体」

 

が、自ら立ち上がり、お財布を開け、お金を出してくれないと、私たちは破産してしまいます。

さらに言うと、何度もお金を出してくれないと困り果てます。

 

そこで、コンサルタントさんや、セミナー講師や、○○診断士という肩書きの人たちが

 

「リピート集客が必要です!」

 

と、申し上げてくださるのですが、その手法が正しいかというと、、、

そんなことがなかったりするんですね。(コピーライター目線ではね。)

だって、本人達、リピート集客できてない人が多いんだもの。
リピートしないから、セミナーばっかやって、新規顧客を獲得し続けているんだもの。

 

という、不都合な真実は横へ置いて、、、

 

フランチャイズビジネスに、本当にリピート集客が必要なのか。
必要なら、どうしてリピートしないのか。

そんなお話をしていきたいと思います。

 

目次
1: リピート集客は、なぜ必要だと言われるのか
2: リピート集客のメリット
3: リピート集客のデメリット
4: リピート集客セミナーは役立つのか
5: リピート集客できる理由は
6: まとめ

 

1: リピート集客は、なぜ必要だと言われるのか

これは、何度も買いに来てもらえれば、安定して売上が増えるからです。

しかし、この考え方は本当なのでしょうか?

 

何度も買いに来てくれていても、夕方の大安売りしか来ない人なら、あまり利益になりません。

月末とか決算期の大安売りしか来ない人なら、正直、いらないかもしれません。

何度も来るけれど、来ると問題ばかり起こす人は、来て欲しくないかもしれません。この影響で、他のお客さんが来なくなる可能性だってありますからね。

ということは、リピート集客は必要だと言われますが、本当はこういうことなんだと思うんです。

 

『自分に合った、付き合って楽しいお客さんだけが、何度も来てくれる』

 

どうでしょうか?これこそ、あなたも望んでいる「リピート集客」の定義ではないでしょうか。

では、この定義を前提にして、次からメリットとデメリットをお話していきます。

 

2: リピート集客のメリット

リピート集客のメリットとは、安定した売上です。

もう少し詳しく言うと、安定した売上が予測できるので、ビジネスへの安心感が手に入ることです。

 

「そろそろ来られるだろう」
「来られたら、これくらいの金額は買って行かれるだろう」

 

いつものお客さんですから、趣味や嗜好がわかっています。
アップセルやクロスセルも行いやすいはずです。

さらに、ここはお店側の努力が、もう一段必要ですが

「ファン化」

してもらうことも可能ですね。ファン化するとどういいのかというと、放っておいても、あちこちで口コミしてもらえます。

 

結局「人」は、広告やネットの口コミよりも、自分の知り合いから聞いたことを信じる傾向にあります。

 

「あのお店、良かったよ」

 

たったこの一言で、新規顧客を獲得できます。そして知り合いから聞いて来ているので、あなたと40%くらいは信頼関係が出来上がっています。

こういう状態だと、非常にビジネスがやりやすくなります。
ストレスフリーな状態だと言っても過言ではないでしょう。

 

3: リピート集客のデメリット

反対にデメリットを見てみましょう。

一番目のデメリットは「リピート」してもらうには、手間がかかる。

  • 労力
  • 時間
  • お金

すべてのリソースを使うことになります。

だからでしょうね。開業したところのお店が「リピート」に力を入れられないのは。

 

3つのリソースは、普段のビジネスでも必要です。
3つのリソースに少しでも余裕があればいいのですが、そんな状態でなければ、わざわざリソースを割いてまでやろうとは思わないですね。

 

二番目は、すぐに成果が感じられないことでしょう。

リピート施策を行っても、すぐに何度もリピートしてくれることはありません。

2ヶ月、3ヶ月。少し高額の商品やサービスなら、半年くらい時間と労力をかけて続けないといけません。

 

4: リピート集客セミナーは役立つのか

このようなメリット、デメリットがあるのですが、どちらにしても、今やっている仕事+αをすることになりますから、多くの人は及び腰になります。

でも、何とかしないといけません。だから簡単・楽に・素早くできる方法を探して、、、セミナーへ出掛けることになります。

セミナーでは様々な方法やアイテムが紹介されます。

  • ネットを使いましょう。
  • DMを出しましょう。
  • ニュースレターを出しましょう。
  • メルマガがいいですよ。
  • LINEでやりとりしましょう。
  • Facebookで交流しましょう。

 

まだまだありますが、やり方だけ教えてもらっても、できないんですよ。
技術的にできないこともありますけど、そもそも、そんなことをマメにやっている時間なんて無いんです。

人的リソースもいないんです。広告を出す費用も月に10万円とか無理なんです。

 

でも、多くのセミナーは、そこは教えてくれません。やり方だけで終わりです。

結局は、セミナーに参加しても「自分で出来ないノウハウ」ばかりを手に入れて帰ってくることになるんです。

 

「知っている」ことは大切です。
知らないよりも知っていることは有利です。

でも、知っているだけでは、手も足も出ません。

「知っている」から「使えている」へ変化しないといけません。

 

5: リピート集客できる理由は

フランチャイズビジネスでは、本来、本部のブランディングや広告活動、販促活動によって、自動的にお客様がやってくるのが理想ですよね。

だから、本部主導のフランチャイズビジネスが成り立っているのなら、リピート集客なんて考えなくてもOKです。

 

しかし、現実的には、オーナーさん自ら集客活動をすることになります。
ですから、事実と向き合うのなら「リピート集客」は必要だということになります。

では、リピート集客できているところはどうしているのか。

 

ポイント1:高いスキルでサービスや商品を提供している
これが出来ていないと、リピートはあり得ません。

例えば、エステやリラクゼーション。
普通、このようなジャンルなら、体験して良ければリピートします。
70%はリピートしないとおかしいのです。

知り合いの美容室は、リピート率80%です。これを割り込んだらスタッフミーティングで店長から「どうなってるの?」と問い詰められます。

価格が安いとか、早いとかありますが、体験して満足してもらえないスキルでは、リピートはありません。

新規顧客がドンドンやってくるのに、リピート率が50%以下なら、自分たちのスキルを見直すことから始める必要が出てきます。

 

ポイント2:アクションを起こす
お客様を待っていても、何も起こりません。
こちらからアクションを起こす必要があります。

このとき、アクションを起こす「理由」が大切ですね。

「クリスマス」だから。
「ハロウィーン」だから。

「新人」が入ったから。
「新しいアイテム」が入荷したから。

何の理由がなくても、こちらからアクションを起こせるのは「ニュースレター」か「メルマガ」です。

 

ポイント3:外部に頼む
リピート集客を真剣にやろうと思うと、あなたのお店のリソースだけでは足りないと思います。

仕組みを考える。
メッセージを考える。
ターゲットを選定する。

発送する。
配信する。
反応率を計測する。

たぶん、これだけのことを ”こなせる” 余裕も人もいないと思います。

だから、、、私は、

「経験がある外部の人に頼んだ方がいいですよ」

と言ってます。

経営者の貴重な時間。
スタッフの残業代。
夜遅くまで使う光熱費。

さらには、専門ではないために浪費する「時間」。

こういうことを丁寧に積み上げて考えていくと、外部の専門の人へ頼むのが正解だと思いますし、リピート集客のスピードもアップすると思います。

 

6: まとめ

フランチャイズで成功と失敗の分岐点は何かというと、お客さんがやってくるかどうか。

もっと言うと、何度もやってきて購入してくれるかどうか。

この仕組みが出来上がると、毎月の売上予測ができますし、気分的にも安心感が高くなります。

本当は、集客なんて何も考えずに儲かるのが、フランチャイズの良いところのはずなのですが。。。現実は、そうはいきません。

それなら、自分でリピート集客できる仕組みを手に入れませんか?
本部に頼るだけのビジネスより、自分で仕組みを持っている方が強いと思いませんか?

ぜひ、今回お話しました「リピート集客できる理由」3つのポイントを見直してみてください。

そこから、あなたのビジネスが一歩前進すると思います。

 

関連オススメ記事

FCオーナー必見!売上アップに必要なキャッチコピーを簡単に作る方法

FCの飲食店でリピート集客できなかったことはありませんか?

小売業フランチャイズの集客方法。伝え方の基本6つのポイント

 

 - フランチャイズの基礎, マーケティング , , , , ,